シャチハタは会社の名前

  • RSS

はんこと聞くと、印鑑のこと?というイメージを持ちますが、スタンプと聞くと、どこかおもちゃのようなそんなイメージになりませんか?
また、印鑑と聞くと、朱肉を使って押すというイメージですが、シャチハタと聞くと、ポンポンッと気軽に押すというイメージですよね。
でも、総合的な言葉の意味合いから考えると、はんこもスタンプも印鑑もシャチハタも、これらすべては紙などに押して使うものですよね。

では、なぜ、こんなにも色々な言い方があるのでしょうか。
そこには、何だか不思議なことがありそうです。
はんこは、今、あなたがイメージされている、それです。
苗字や会社名などが入っているものが多いですよね。
印鑑も同様に、苗字などが入ったものです。
そして、スタンプというのは、印鑑の英語読みだと理解してもらっていいでしょう。
厳密には、切手などもスタンプというので、違うのですが、ここでは問題ないかと思います。

もう1つ、シャチハタというのは、会社の名前です。
お気づきですか?
正確に言えばシャチハタではなく、「シヤチハタ」と呼びます。
この中で、商品の呼び名で、シャチハタという言葉の使い方について、他のものとは少し違いますよね。
シャチハタはインキ浸透式のはんこを開発したメーカーです。
この会社の社名が、あたかも商品の総称のように使われているわけです。
理由のひとつに、インキ浸透式のはんこが広まる際に、会社と商品の名前が一緒で覚えられていたことでしょう。
また、シャチハタが、はんこやスタンプのメーカーとしてトップレベルに君臨していることの証なのかも知れません。

〔お役立ち!便利サイトのご紹介〕
初めて印鑑をインターネットで購入される方にお役立ちのサイトがあります!
はんこの種類や価格、商品数から印鑑を比較できます。
⇒印鑑の評判・口コミは「印鑑ネット」へ!
高級オランダ水牛印鑑
http://www.fautquecabouge.com/
夫婦円満のための印鑑選び
http://www.handdata.com/

このページの先頭へ