シャチハタは印影が変わる恐れも・・・

  • RSS

皆さんに馴染みのあることといえば、個人の銀行口座だと思います。
特に社会人の方は必ず、個人名義の通帳を必ず一つはお持ちではないでしょうか。
給料の振り込みや、公共料金引き落としなど、生活をするうえではなくてはならない存在です。
では、この個人名義の通帳を作るにはどうしたらいいのでしょう。

郵便局であれ、銀行であれ、個人名義の通帳を作る際に必ず必要なものは、「身分証明書」と「はんこ」です。
身分証明書には、運転免許書や保険証など、公的証明書が一般的です。
ちなみに、住民票も可です。
はんこに関しては、基本的には、朱肉をつけて押すはんこのほうがいいのですが、シャチハタはんこでも可というところもあります。
このはんこは、印鑑証明を受けた実印でなくても結構です。
もちろん、実印でも可です。
大抵の金融機関であれば、初期費用もかかりません。
一番初めは、0円からスタートできます。

話は戻りますが、ここで押すはんこは、通帳に登録するためのはんことなります。
先ほど、シャチハタでも可といいましたが、シャチハタはんこはゴム印の一種であり、使っていくうちに、ゴムの部分が劣化し、印影が変わってしまうことが稀にあるので、注意が必要です。
こういうことから考えて、シャチハタはんこで登録するのも悪くはありませんが、朱肉をつけて押すはんこを1つ用意しておくほうが無難だと思います。
シャチハタタイプのハンコは、100円ショップでも売ってますよ。
最後に、通帳登録などに使ったはんこは、通帳の照会などをするときに必要となってきますので、大切に保管しましょう。

〔人気ネット通販サイト〕
印鑑のネット通販専門店【ハンコヤドットコム】では、
カラフルなオシャレ印鑑から、象牙・黒水牛の高品質な印鑑まで、お手頃価格で販売中!
豊富な種類のなかから、お気に入りのハンコを見つけてみませんか?

このページの先頭へ